粗大ゴミと種類と分別

ゴミ種類

ごみの種類
ごみの代表的なものは粗大ごみ・燃えるごみ・燃えないごみ・リサイクル家電(家電4品目)等であるが、その他に、市町村により様々なゴミに分けられます。

分別

ごみには資源ごみやリサイクルプラスチックになるもの、ペットボトル、プラスチック、有害ごみ、生ごみ、ビン等、様々なゴミがあります。

市で収集しないごみ

引越ゴミ
大量のゴミ
事業所ごみ
庭木

粗大ごみとは
粗大ゴミ定義
粗大ごみの定義は市町村によって様々であり、一概に言えませんが、大凡の目安を示します。不必要になった家具、家電製品(家電リサイクル法の4品目を除く)、自転車、ふとん、カーペット、等でごみ処理が困難とされる物が多い。収集を受けた粗大ごみは処理作業場で破砕や圧縮処理される。近年は粗大ごみ収集を有料化する自治体が殆どとなっています。 粗大ごみの大きさの例として自治体により定義が違うからはっきり言えませんが、 その街で一辺の長さが50センチメートル以上のものもあれば、一辺の長さが30センチメートル以上のものは粗大ゴミ になるところもあるのです。

粗大ごみとして収集しないものとは?(市町村等の行政)
家電リサイクル法の対象品…テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機・エアコン
パソコンリサイクルの対象品…ノートパソコン、パソコン、ディスプレイなど
事業所で生じた粗大ごみ
クリーンセンターで処理できないもの…自動車、タイヤ、バッテリー、バイク、農業機械、サッシ、電気温水器、ピアノ、ドラム缶、建設廃材、ガスボンベなど

粗大ゴミとは?
粗大ゴミで出すとしても、収集手数料も市町村により様々なので、やはり確認が必須のようです。
ちなみに、ある市の「ごみ分別辞典」によると、プラスチック製は「燃えるゴミ」であったり「燃えないごみ」であったりします。
例えば、横浜市は、高温の強力な焼却機があるので、公害対策ができており、プラスチックも紙も分別の必要はなかったのですが、ゴミ減量の意味で最近は分別制度になっています。昔は分別の手間が無い状態でした。(ゴミ処理の方法は地域によって違います。お住まいの市区町村のHPを探すか、役所に電話などで問い合わせる必要があります。)

粗大ごみ回収とは!?
粗大ごみは、上記のように市町村では粗大ごみと言う定義があいまいであり、ごみの分別がその地域の事情や考え方により、全国一律ではなく、様々な取決めがあることが解ります。一般的には大型ごみとかゴミ袋に収まらないごみと言う解釈が一番わかり易いかもしれません。ゴミは、気が付いたら出るもので、思い立ったら捨てたくなることは、あるはずですが、捨てたい日に捨てることが出来れば、そんな便利なことはありません。もし、ごみが発生し、指定の場所にゴミを移動することが不可で、指定日にゴミを出すことが出来ず、分別も出来ず、粗大ごみが1個でもあれば、不用品回収・処分業者が市町村でも回収が不可なものでも喜んで回収に伺います。