2016-7-6 不用品処分

ごみ回収の行き場はあるのか!?

ゴミと言われる物は、一般廃棄物と産業廃棄物ですが、どうあがいても、焼却しても埋立にしても環境面で問題のあるゴミは、処理面でも問題が噴出しているのです。それは日本の狭い土地ではゴミの埋立地にも当然限界があり近い未来、ゴミの処理場が全てなくなる危険性があります。地球環境問題の特に粗大ゴミは、解決法が困難で問題点が山積みなのです。粗大ゴミは、粗大ごみ回収し、ゴミの削減をするために資源の再利用をしますが、再資源化できなかった粗大ゴミの量が多すぎて処理が追いつかない状況なのです。それでも、不用品の回収・処分で3Rの一環であるリユース・リサイクルで再利用することで廃棄物化を遅らせ、地球環境を守ることが重要です。ところが、ごみの回収をして、社会貢献するふりをして、己の利益だけを追求し、結果的に不法投棄したり、横流し、不法焼却したりする悪徳業者がいるのが信じられないし、本来の環境問題解決策が遠のき、まさに本末転倒です。

新規コメントの書き込み