2016-7-3 不用品処分

あってはならない違法廃棄物

此度、熱望かなって、富士山が世界遺産に見事に登録されました。富士山を世界遺産に、という運動が以前からあって約20年も経ちます。何故!?世界一のゴミ山と言われる富士が…。という声が非常に多かったのも事実です。以前は、ユネスコの調査官が富士山を見て、そのゴミの惨状に驚いたという話があります。ただし、それさえ回答を見い出せば世界遺産に登録されるというくらい簡単な話ではなかったのですが課題は解消されたのでしょうか。一般登山者の立場でできること、つまりは、ゴミを持ち帰るということの完遂が行われたり、その周辺の不法投棄も解決の目処がある程度たったからでしょう。

 

ポリ袋やペットボトル、タールの塊、釣り糸、等は海洋ゴミで、益々増加し続けています。ウミガメがクラゲ等の餌と間違え口に入れてしまい、胃や腸につまって死亡させたり、直接飲み込まなくてもそれに絡まり、 肢が消え失せたり、窒息や溺死しさせます。誤って漁網に掛かってしまうことを混獲と言います。船に網を引かせて海底の魚をとるトロール網、餌の付 いた釣り針を驚くほどたくさんロープにつけたマグロの延縄漁業、海中にフェンスをはっているような刺し網などに影響される負傷が際立つのです。網や釣り糸にかかったウミガメは水面に浮かび上がることがやれず、 溺死してしまいます。その犠牲になるウミガメは、年間20万頭だと聞いています。それでも乱獲は続くのです。

 

新規コメントの書き込み