2016-7-3 不用品

リサイクルを加速

廃棄ゴミは、人類の発展とともに増大し続けています。しかし、そのゴミが、地球滅亡の要因のひとつと言われます。ゴミが大量に増えすぎて対処に頭を悩ませているから他なりません。ゴミを焼却してもダイオキシン、埋め立てれば、土・水に異常が出ます。そこで、地球環境問題の解決策として、昨今では3R~6Rが注目されています。その結果こつこつと、ゴミの分別をする事で、整理・処分・回収することが大切だと思います。不用品の回収・粗大ごみの回収は地球の整備・存続を援護します。一番不必要なことは、ゴミの不法投棄で、自然破壊につながり地球の健康寿命を縮小させます。

 

不用品(不要品)を回収する素晴らしいところは、一言で言うと循環効率を上げれることです。粗大ゴミの処分と同じく、不用品を引き取り、ゴミを分別し、使用可能なものを使えるorダメかを選定したり、整理し、再生不可能なものを処分して、利用できるものは、リユースに回し、資源の有効活用からリサイクルに回すことで、ゴミの削減を徹底します。結果、ゴミから発生する有害なもの、地球環境を脅かす有害物質等を減らすのです。その事実を循環社会と言い、3Rつまり、リデュース・リユース・リサイクルでエコロジーの取り組みを促進します。数年にも渡り、人類は高度成長とともに副産物として何種類もの弊害も持たらせましたがその一環が地球環境問題なのです。つまり、不用品・粗大ごみ・廃品等の回収・処分に期待します。

 

新規コメントの書き込み