2016-8-16 不用品

不用品処分をする前に買取をしてもらう

引越し時に不用品整理をする場合は、 一人暮らしですと賃貸住宅が大半なのですが、将来的に違う場所に引越しをするケースが避けられないので、出来る限り物を減らそうと行動を普通はとります。

しかし、現実的には引越し時には不用品が減って要ることは皆無で、大概は、不用品の処分で困惑していることが多くなります。 可能であるなら新居には不用品を持ち込む事は望ましくなく、引越しをスムーズにするため事前に不用品処理を済ましておくことが一番いいわけですが、経費ゼロという訳にはいきません。 引越の前準備として、転居先に持っていくものと不用品を明確に整理しておかなければなりません。

尚且つ不用品は引越が確定される前から、じわじわと処分を開始して、予定通り引越しが確定した時に不用品の対処に頭を抱える事無く済ませておくのが、それ以後の引越しを円滑にするという面からも重要です。 また、不用品処分をする上で多少なりともその家具や家電、衣服や実用価値のありそうなものは、買取をしてもらうと助かりますし、嬉しいものです。買取可能な物を捌いた後に不用品を処理するのがベストでしょう。 近年、引越し業者が不用品を買い取るサービスを提供するところが稀にありますが、引越し業者が買い取りを行う業者サービスは狭く、引越しの時には殆ど、大きな家具家電から、おもちゃ、ゲームまで不用品として片づけられますから、その前に何はともあれ不用品を売ってお金にできる手段の方が得策です。 不用品の中でも買取パターンの多いのがバッグやゲームソフト、衣服などになり、処分方法としては、最初にオークションサイトの力を借りるのがベストでしょう。

リサイクルショップにダイレクトに持ち込む方法もありますが、バッグも服もブランド物、しかも販売されて1年~2年くらいが適応期限が多く、高額に買取られることは限りなく低いのです。それは重さで買取価格が決定される場合がほとんどだからです。また、リサイクルショップや買取をしてくれる業者では、金属類や新古品や年式の古くないものが買取される確率が高くなります。 時間的に余裕のある人であれば、オークションと言う手があり、本当にそれを必要としている人が高い値段で買取をしてくれるので、リサイクルショップよりも採算が取れるでしょう。 大型家具家電の場合は、オークションではトラブル等も考えておく必要があり、送料の負担も大きく、話の成立が困難になります。 そのような場合や、書籍や漫画・地図と言ったものもオークションではなく、ネット買取をしているショップやリサイクルショップ等の方法もありますし、不用品買取業者の無料出張見積もりサービスを活用して、不用品を引き取ってもらっておけば、引越し準備もスムーズです。 最もお金がかからないのは各自治体の廃品回収を利用することです。

自治体の廃品回収であれば、市場価格として1つの製品にたいして300円~600円程度で処分することが可能ですので、自力で運搬できる範囲の不用品は廃品回収で処分する方が得です。また、市町村に持ち込みが可能であれば、10キロが150円程度で搬入が可能です。 また、自治体の廃品回収が引越し日に間に合わない場合は、不用品回収業者を利用するのがオススメです。持ち込みをしたときの値段と回収に来てもらったときの値段が異なりますので、引越しが本格化する前に不用品回収業者に無料見積を依頼しておいて、どの程度の料金になるのか調べておくことも大事です。 また最終的な方法として引越業者に任せるということもできるのですが、引越業者の場合不用品処理が出来る製品とできない製品がありますから、引越と不用品回収の両方を兼ねて業務をするところがお勧めになります。

新規コメントの書き込み