2016-7-2 不用品

日常では、人々は何時だって住居と一体感を持って生活をしています。その中には、文明社会の象徴である電化製品があったり、家具が当たり前のように存在している訳です。日々何気なく生活をしていても、少なからず、変化と言う現象が起き、部屋の模様替えであったり、時には、大掃除をしたりするわけです。そのような時に、家具の移動が必要に迫られたり、自分一人では、手に負えない作業と感じる訳です。また、片付けや清掃をしていると、普段は別に感じていなかったかもしれませんが、意外と、部屋の中に必要性の無い物が多い事に気づいたりもするのでしょう。

 

場合によっては、様々な廃棄物が出たり、大型のゴミもでたりして、その処理・処分に手を焼くことも想像できます。不必要なものがあまり多くなると部屋の場所ばかり取ることになりますので、不要品の整理という形で、なんとか部屋のバランスを保ちたいと心では思う人は多いと思います。その他に、家電でも家具でも毎日のように新商品が誕生していると、つい、さらに便利なものが欲しい欲望に駆られ、新品を購入、不要品が増えるという連鎖を繰り返すことになります。人々は一つや二つ、物が増えたくらいでは、そう慌てることはないのですが、月日が経つと、知らないうちに、部屋の中には、邪魔な物、非効率な物が増えていくのです。結果的にそういったものは、粗大ごみとなり、何とかしないとならない状況に陥ります。

 

最悪のケースでは、日常ゴミと粗大ごみが増え、片付けや、清掃を怠ると汚部屋になったり、ゴミ屋敷と言われる現象に陥ることもあるので、注意が必要です。そのような不要品をどうにか整理するタイミングとはどのような時なのでしょうか!?また、思い切って不用品の処分を効率的に出来る手立てはあるのでしょうか!?部屋の家財道具が劇的に変化を起こす事と言ったら、やはり、引越しが思いつきます。引越しは、大掃除と部屋の模様替えと家具移動と不用品処分が同時に来る最大イベントなので、この時に断舎利・大処分を計画すると効率的と思われます。

 

そんなに頻繁にある事でもないので、慎重にまずは信頼のおける業者に無料相談を受けたいものです。ところが、この忙しい文明社会では人間と言う動物、特に日本人はとにかく面倒を嫌がる傾向があります。それもそのはずです。普段、会社の仕事に追われ、遊ぶ時間の人たちには、休日に体を動かし、物事を考えるのは、酷なのかもしれません。しかし、どこかで意を決しないと何時まで経っても解決しないのが、部屋の片付けなのです。下記の例題の状況であれば重い腰を上げて下さい。(まずは、部屋の状況を把握することが重要です。)

 

1、不要品のみが少量ある。
2、部屋の模様替えをしたいが、不要な大型家具を撤去したい。
3、居間から隣の部屋に重たい家電を移動したいが一人(単身)では無理なので手伝ってほしいし、処分・回収してもらいたいものもある。
4、大量に廃棄したい古い家電や、家具がある。
5、廃品として処理・処置したいものはあるけど、分別が解らないし、とにかく面倒で、何とかしてほしい。
6、不用品を整理して、搬出から回収・処分まで一貫してやってほしいし、運搬からリサイクルまでお願いしたい。
7、不要品の分別・回収は勿論、出来れば、引越しもお願いしたい。
8、汚部屋を片づけて、日常ゴミ・大型ゴミ・廃品の撤去から清掃、状況に合わせてハウスクリーニングもした方がよさそう。
9、粗大ごみを処理するとして、それを移動したり、持ち出したりは、不可で指定日の引き取りでないと難しい。

10、無料回収と言わないまでも格安料金で高齢者・女性でも安心できる実績のある会社でないと信用できない。
11、環境を害するような悪徳業者では困るし、エコロジー等で社会貢献している会社でないと困る。
12、タイミング的に回収時間の融通が利くのであれば、可能ですが、回収日時が業者任せでは困る。

 

以上のような状況下で、お困りの場合は、迅速に誠心誠意、業務に当たれる業者が、重宝するはずです。まずは無料見積りで相談したいところです。特に7番目の不要品の処分・回収と同時に引越しのサービスは、対応時間が厳しいために希少サービスとなっており、厳選する必要はあります。

新規コメントの書き込み