2016-7-23 不用品

地球温暖化を食い止めるエコロジーと新エネルギー

太陽光や風力などを活用したクリーンな自然エネルギーは、何度も活用できて、現在の地球温暖化の一番の原因である二酸化炭素という分子をあまり発生させないのが最大のメリットである。
普通の生ごみから発電するすばらしい発電システム構築に日本の中で最初に成功した新興企業「バイオエナジー」に対して、外食産業やサービス業から、食べ残しの処理が要求されている。
市販の飲み物の缶にはだいたいアルミニウムやスチールでできているが、これらの物質が溶けだしてどこかに浸みだすと、体に侵入してきて溜めこまれ、健康に良くない影響を与える。
古紙だけを使って新しく再生紙を製造する際はどうかというと、リサイクル途上で生じるCO2は新しい紙を作る際に発生するCO2量に比べて多くなってしまう。
70%の国民が貧困層と呼べるという見方があり、捨てられたゴミの中からリサイクルする価値のあるものを拾い上げて販売し、生活の糧にする人もいる。廃棄物から生まれる有害なメタンガスによる人体の影響はよく調べる必要がある。

新規コメントの書き込み