2016-7-3 不用品

秘密厳守が鉄則の訳有り引越し

異性問題の厄介ごと・いざこざから、DV・ストーカーから脱出する自体に追い込まれるケース、もしくはそこまで切迫しなくてもそれに発展する恐れのある場合も最近は増えています。それと、事業所の倒産等の事業の断念・倒産・借金の取立て等、からの逃避、急な転勤、左遷、夜逃げ等が主な理由で、夜間引越・緊急引越が、追いつめられて引越しを余儀なくされ、やもえず急な引越しを必要とされる時に活躍します。それらの引越しの共通点は、突然、引越しをするので、全く準備期間は取ることができないで、即日対応で迅速に引越しを依頼して承諾してもらう必要がありますし、秘密厳守で、ひっそりと周りの住人に察知されることなく事を運んでもらうのが必須条件で、過酷な作業になります。しかも引越し時の不用品処分(不要品処分)も同時進行でこなし、地域住民には勿論、迷惑をかけずに、迅速に丁寧に分別からきちんと地球環境を考えた業者を選択する必要があります。

新規コメントの書き込み