ごみ部屋・汚部屋と思わないことがごみ屋敷の始まり

引っ越して来た時は確か家具も荷物もなくガランとしていたから、5年くらいかけて私が定期的に運んできた物。少しずつ買い物して増えていった物。そう考えると「変わったなあ…」と思います。なぜこんなに物を買ったんだろう?と思うものもたくさんあります。 当時必要だったけど、今は必要が無くなったものもあります。長い年月をかけて溜まってしまった今ではしっかりとゴミと化しました。蓄積した汚れをましてや自分1人でキレイにするのはほぼ不可能だと思います、回収業者はゴミの引取り、処分そしてゴミの搬出後の清掃や除菌または害虫駆除まで一貫して行うことができると聞き、ここにすがるしかないと思います。こういう状態をゴミ屋敷と聞いたときは、まさか自分がとびっくりしました。このようにゴミ屋敷に住まれている方は、自分がゴミに埋もれて生活していると夢にも思わないという人は意外に多いのです。しっかりとそのことを受け止めたときは、やはり、不用品回収をした方が、人生の転機になると思われます。また、この中に、リユース・リサイクル出来るものが一つでもあれば、幸いです。

新規コメントの書き込み