資源をリサイクル

話題沸騰中の資源リサイクルとは、廃棄物を資源とし、再利用していく考えにほかなりません。 私たちは、長期間、地球の資源を浪費する事を実行してきました。結果、石油や石炭を、資源として使いすぎたために大気汚染等の環境問題を引き起こしているのです。これから先、どのように資源・エネルギーを確保していくかが、私たち人間にとって大きな課題となって浮き彫りにされています。限定された資源をリサイクルし続けることが、その問題に対して、現時点で可能な数少ない人間として義務のひとつですが、資源をリサイクルすることは、エコロジーは言うに及ばず、未来ある地球を考えた、最善策でもあるというわけです。

分別する場合は、大概の場合、ゴミは、大きく二つに分けると、燃えるゴミと燃えないゴミに分けられ、燃えないゴミには、破砕ゴミ・乾電池・埋立ゴミ・ 蛍光管で、資源ゴミには、空き瓶・飲料用空き缶・ペットボトル・古紙になる。分別には、区分や 大きさや重さの制限があり、 ごみの代表例としては、例えば、布団なら重さ何キロまで最長辺何m以内、破砕ゴミならストーブで重さ何キロまで最長辺何m以内、埋立ゴミならジュータンで重さ何キロまで最長辺何m以内、粗大ゴミなら自転車・家具で何キロまで 大きさ何mまで と決まっています。

新規コメントの書き込み