ゴーストフィッシングと言われる環境破壊とは

様々な環境汚染がありますが、ここ数年注目のゴーストフィッシングとは、日本海の海岸に大量に韓国の不要物が多く打ち上げられていて問題になっていますが、 対馬にはアナゴ捕獲の漁具も打ち上げられている状況です。 韓国はアナゴの捕獲に捕獲籠が一万個以上もセットして、10%が噴出しています。  日本では千個にコントロールされて、アナゴの保護を行なっているが、 韓国は乱獲で獲得できなくなって、日本の対馬の海域に入り込んで、 不法乱獲を繰返している。乱獲自体があってはならないことですが、捕獲の際の猟具の確保が杜撰なために海洋生物に打撃を与えています。そのために、猟具が海底に放置状態にされて、捕獲籠が魚を獲るゴースト・ フィッシング状態にになって、魚を捕獲し続ける事態が起きている。 それが原因で、多くの魚が失われているという構図です。 この捕獲籠がプラスチックのために腐らないゴミために永年ゴースト・ フィッシングになる。そのほか漁網が首にからまったキタオットセイのこどもが死んだり、ゴースト・ フィッシングは増量しています。