【信頼のできる不用品業者を選ぶためのポイントは?】
【認可を受けた適正な業者は、必ずホームページ等の会社概要に、産業廃棄物収集運搬業許可、あるいは一般廃棄物収集運搬業許可という表記があります。悪質な回収業者によってはゴミを不法投棄する等、違法行為を犯す会社もあるほどです。必ず認可業者を選びましょう。】
【回収された不用品はどうなるの?】
【不用品回収業者によりますが、まだ使えるものは基本的にリサイクルされます。詳細は、お取引の際に不用品回収業者にお問い合わせください。】
【ゴミの分別は地区により何故違うのですか?】
【ゴミ分別の方法が自治体によって違う理由は、ごみの処理方法が自治体によって違うことが影響しています。つまり、処分方法の違いは、ゴミにかける予算の違いの差でもあります。悲しいかな、ゴミの処分には自治体による格差があるというのが現状です。例えばプラスチックを例にとると、自治体には、埋め立てと焼却の2種類がありますが、焼却をしている自治体では、プラスチックを可燃ごみと分別する必要はりませんが、埋め立てている自治体では、可燃ごみと分別をする必要があるからなのです。】
【なぜ何のために不法投棄をする人がいるのですか!?】
【原則的に一般家庭、企業もゴミを捨てることを考えれば手間暇が掛かる作業をして、お金を使って捨てるしか方法はないと言えます。すなわち、それが嫌でごみ処理をしない行為が『不法投棄』となってきます。また、産廃や家庭ゴミを引き受けることを事業としている会社も大きな問題となっています。ほとんどの会社は健全な運営をしているのですが、一部の心無い会社が不法投棄をすることによって利益を格段に伸ばしています。通常ならお金と労力(人件費)がかかる部分を無料(違法)で行なうことで成り立っているのです。例えば、不用品の回収を無料・有料で引き取る方法がありますが、それらの資源を対価に変えた後、処理費用を浮かせるために、不法投棄します。つまり、回収代、資源代、処理代と3重の利益を大幅に狙う業者がする行為になります。】